塾の仕事を楽しむために|塾講師と家庭教師が私の天職!

転職を図るために

男性女性

保育士は、転職先として人気のある職種です。OLや飲食店スタッフ、アパレル店スタッフなどの全く似つかないジャンルの業種から転職してくる女性も少なくありません。保育士から別の職種に転職した後、再度保育士に転職をする女性もいます。それほど魅力にあふれた職種なのです。保育士として務められる職場は、保育園だけではありません。公立及び私立の保育園以外にも、児童厚生施設や乳児院、児童養護施設などにも務められます。保育士資格を持っていれば、これらの職場にも務められるということを頭に入れておくとよいでしょう。保育士を募集している保育園は、求人サイトで簡単に探せます。転職支援サイトにも頻繁に保育士の求人案件が掲載されるので、定期的にチェックしておきましょう。

保育士という仕事は、「もう少し自分の時間を持ちたい」という人に最適です。シフト制を引いている園が多く、実働時間も特に長くありません。そのため、休みの日や終業後の時間を自由に過ごせます。残業や業務時間外の作業は基本的に強いられません。時間にある程度の融通を聞かせたい主婦にはうってつけの職種と言えるかもしれません。ちなみに一部の保育園は、初心者を歓迎しています。このような保育園であれば、保育士の経験が無い状態での転職も可能ということになります。また、過去に保育士を務めていたことのある人も積極的に採用しています。転職支援サイトに保育士特集が組まれることもあるので、1通り見ておくとよいでしょう。